第4回人形と絵の「春」展 水樹尚子さんの出品作品をご紹介

 今回は第4回人形と絵の「春」展にご参加いただく水樹尚子さんの出品作品をご紹介いたします。



パンジーの帯.JPG

パンジーの帯2.JPG
「パンジーの帯」
楚々とした可憐な少女は凛と粋な縦縞の着物がよく似合います。
奥ゆかしい彼女のいじらしい眼差しと現代的なパンジー柄の帯やレースの裾がおしゃれで少女の清楚な美しさを引き立たせています。

















薔薇の帯.JPG

薔薇の帯2.JPG
「薔薇の帯」
みどりなす長い黒髪に赤系統の着物が気品あるお嬢様な感じの少女。
艶やかな白皙の肌は豪華な深紅のリボンによく映え、凛と気高い深窓の令嬢の和洋折衷な世界観が美しく思わず惹きこまれてしまいます。



















わすれな草.JPG
「わすれな草」
その花言葉のように淡く儚く春の陽の光に溶けていきそうな少年。
長いその髪を結ぶその様はまるで貴族の子息のように気高く、凛とした美しさは少年をより大人びた眼差しに変えているようです。



















ハルジオン.JPG
「ハルジオン」
春風に優しく揺れる野に咲く花のように淡く可憐な少年。
柔らかな表情の彼はそれでも叡智の光を感じる瞳をしていて、穏やかで静かだけどそっと心の中に凛とした矜持を持つ少年なのです。



















シロツメクサ.JPG
「シロツメクサ」
まだ幼さ残る小さな少年のじっと前を見据える眼差しが可愛らしい。
白皙の肌に薄いレースの装いの彼は淡い色彩の中で青い瞳が神秘的に映え、まるで妖精のように幻想的な物語性を感じます。




















白猫黒猫.JPG
「白猫」と「黒猫」

















白猫.JPG
「白猫」
気高く美しく気ままな少年の頭の上には猫の耳が。
白く淡く色彩の中で凛々しく神秘的な王子様のようなこの子は、まだ青年に成りきれない瑞々しさと未熟さが愛おしいです。



















黒猫.JPG
「黒猫」
きりりと引き締まる漆黒の装いの少年はまだあどけなさが残ります。
じっと一点を見つめるような仕草は猫の神秘性を思わせ、王子様のように育てられた少年の気ままだけど人懐こい可愛らしさがあります。




















メラニスティック.JPG
「飛びヤモリ(メラニスティック)」





















ゴールデンアイ.JPG
「飛びヤモリ(ゴールデンアイ)」





















セピア.JPG
「飛びヤモリ(セピア)」





















ラズベリースフレ.JPG
「飛びヤモリ(ラズベリースフレ)」


















ホワイトシャーベット.JPG
「飛びヤモリ(ホワイトシャーベット)」





















レインボーミスト.JPG
「飛びヤモリ(レインボーミスト)」



















レインボーミスト眠り目.JPG
「飛びヤモリ(レインボーミスト眠り目)」
不思議で可愛く、神秘的で美しい飛びヤモリたち。
翅や模様が個性的でどの子もそれぞれ違う性格をしているようで微笑ましいです。

すべて出品作品です。



第4回人形と絵「春」展は3月17日(水)~23日(火)丸善丸の内にて開催いたします。


透明感ある瑞々しい肌に可憐で品の良い佇まいを崩さない美しい「春」を是非お楽しみください♪






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント