第15回「人・形」展 はちすさんの出品作品ご紹介

 今回は第15回「人・形」展にご参加いただく、はちすさんの出品作品をご紹介いたします。



ittanmomen.jpg
「百鬼夜行 一反木綿」
くねくねと揺れる一反木綿の躍動感とそれに乗る少女の重量感。
妖しくもどこかコミカルな柄物の一反木綿と妖怪に動じることなく乗りこなしている着物の女の子のコンビが微笑ましいです。


















amabiko.jpg
「百鬼夜行 阿麿比古(アマビコ)」
疫病退散の妖怪の面影を首飾りに残す、どこか古の位の高い神様のような風格ある少年。
可愛らしさの中に神々しさをも感じるこの子は布のぬくもりとお伽噺のような暖かさを持った世界観にほっこり心和ませてくれます。



















ityou.jpg
「百鬼夜行 異鳥(イチョウ)」
首が長くて、足が大きくて、怪奇音の鳴き声が聞こえてきそうな大きな口。
奇怪だけどどこか可愛い妖怪を乗りこなすこの少年も只者ではない感じがする、不気味だけど可笑しくもある二人です。



















ubume.jpg
「百鬼夜行 うぶめ」
背中に背負った大きな芋虫のような子に眠った顔が愛らしい小さな世界のうぶめ。
小さな女の子のままごとのように微笑ましく優しい世界に存在する不思議なうぶめの物語は昔話のように情緒があります。



















kudan.jpg
「百鬼夜行 件(クダン)」
もふもふした愛らしい妖怪・件に乗るのは、どこか貫禄ある小さな少年。
立派な着物を着た彼は件の予知を伝えるために来た子なのでしょうか?だけど禍々しさはなくどこか微笑ましい絵巻物のようです。


















komono.jpg
「ブローチ」
虫や蝶々、食虫植物などを美しい古布でかたどったブローチです。
個性的で可愛くてちょっと癖になる妖しさがお出かけの装いに華を添えてくれます。

すべて出品作品です。



第15回「人・形」展は10月28日(水)~11月3日(火・祝)丸善・丸の内での開催です。


奇妙で不気味で妖しげだけど、そこか暖かく可愛らしい古布で出来た「ヒトガタ」を是非ご堪能下さい。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント