第2回人形と絵の「春」展 吉村眸さんご紹介

 今回は第2回人形と絵の「春」展にご参加いただく吉村眸さんの作品をご紹介いたします。




画像


画像

「森に棲むひと」
手の止まった青い小鳥を愛しそうにし、物思いに耽る女性。
生命の源のような静かな森で動物たちに囲まれながら過ごす彼女は神秘的な森の女神のような存在です。























画像

「野の花と戯れ 空想にあそぶ」
読みかけの本に目もくれず、じっと遠くを見つめ空想の世界に行ったきり。
少女の瑞々しい感性は澄み渡る空もそよぐ風のささやきも草花の冷たさもすべて吸収し自分の世界に投影します。






















画像

「花の精」
いにしえのおとぎの国の春の女神のように凛とし神秘的な子。
青い美しい瞳は澄んでいて無垢で、微笑ましい可愛らしさとは対照的にどこか人間味の薄い横顔をしています。























画像

「ちびおばけちゃん」たちと「ちいさなセーラーの少年」「ちいさな草冠の少女」
一生懸命にお歌を歌うおばけちゃんたちは後ろの少年少女のための聖歌隊のよう。
微笑ましく可愛らしい彼らとロマンティックな二人の風景は小さな教会で結婚式を挙げる新郎新婦のようにも見えます。






















画像

「冬眠から覚めたこぐま」「本好きのねこ」
大きなあくびをするまだ眠たいこぐまと本を貪るように読むねこ。
大きめな着ぐるみを着て思い思いに過ごすあどけない子供らしい仕草が可愛くてキュンとなります。























画像


画像

「ブローチ」たち
可愛らしい乙女チックがたくさん詰まったブローチの人々。
暖かく爽やかで幸せな気持ちにそっと寄り添って、私たちをおしゃれにしてくれる素敵な子たちです。


すべて出品作品です。





第2回人形と絵の「春」展は3月20日(水)~21日(火)の開催です。



可愛らしく微笑ましく、暖かな幸せな気持ちにそっと寄り添ってくれる「春」に是非会いにいらしてください。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック