ドルバラノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 第6回「夏の日の乙女たち」が始まりました!

<<   作成日時 : 2018/07/07 14:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 本日から第6回「夏の日の乙女たち」が始まりました。



会場のお人形たちをご紹介いたします。



画像

羽鳥聖子さんの「避暑地の少女」
可愛らしいセーラー服の少女はぱっつん黒髪のおかっぱがノスタルジックな子。
凛とした大きな瞳はキラキラと輝き、白皙の肌は太陽の光を弾かんばかり眩しい美しさを放っています。

























画像

中川乃布子さんの「ル・パルフェ」
爽やかな青のシースルーに様々な色のパッチワークが可愛い少女。
どこか静かで大人しい印象の彼女は気が小さいけれど暖かな優しさで包んでくれる心癒される子です。























画像

琥珀さんの「オベルジーネ」
ドイツ語で茄子を意味するオベルジーネは可愛らしいデフォルメされた身体をしています。
奇妙だけど愛らしく、不安定だけど心に残り、愛嬌があるけど近寄り難い。そんなたくさんの要素のある子です。























画像

玉置千春さんの「マーギット」
まるで古い洋画を見ているような気持ちになるドラマチックなマーギット。
生命力が迸る一瞬の表情が力強く、思わず目が離せない存在感と迫力に私たちは圧倒されます。























画像

美夜花りりさんの「陽の恵み・ピンクブロンド」
陽の光を浴びてもどこか冷ややかな視線が神秘的な少女は少し大人びてみえます。
真夏の蜃気楼のように捕らえどころがないけれど、強い印象に残る神秘的な存在感がそこにあります。























画像

夏目羽七海さんの「シュクルリ」
古びた廃墟に舞い降りた砂糖菓子の如く甘くて痛々しい天使のような少女。
リボンで縫い付けれた右目は痛み伴う甘美な清らかさを持ち、少女の危うげな美しさを際立たせています。






















画像

中川乃布子さんの「子猫のような子」
子猫のようにまん丸な瞳、ぴんと跳ねたおさげにお気に入りのポシェット。
幼い女の子の好奇心溢れる可愛らしさとどこか野性味を感じる黒目がちな緑の瞳がとってもキュート!























画像

玉置千春さんの「カトラ」
花冠が天使の輪のように神々しい少女は神秘的な色の瞳の持ち主。
物憂げに伏せられた瞳、吐息が聞こえそうな唇、健康的に頬を染める血潮、どれも生命力に溢れています。























画像

中川乃布子さんの「ヒナギク」
お人形さんらしい無機質さとむちむちな子どもの可愛さが綯い交ぜな魅力があります。
クールで感情の読めない絵画のような描き目に映る少女の世界を思わず想像して物思いに耽ってしまいます。























画像

美夜花りりさんの「陽の恵み・赤毛」
赤毛に水色のワンピースが素敵な少女は暖かくふんわりとした幸せを感じます。
優しげな雰囲気の彼女ですが、凛とした瞳の輝きは強く、何かを訴えかけるようにこちらを見つめています。




第6回「夏の日の乙女たち」は22日(日)までの開催です。

会場風景はこちらから見ることが出来ます。
http://www.dolsballad.co.jp/event/history/2018/201807natunohi/main.html


可憐で清純で、どこか物憂げな影を忍ばせる神秘的で美しい夏の日の乙女たちに是非会いにいらして下さい。









月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第6回「夏の日の乙女たち」が始まりました! ドルバラノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる