ドルバラノート

アクセスカウンタ

zoom RSS 第12回「人・形」展が始まりました その2

<<   作成日時 : 2017/09/28 13:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 第12回「人・形」展の一部をお見せする続きです。





画像

yさんの「宵」
古い洋館に飾ってある肖像画のようにどこか懐かしく独特のオーラがある子。
絵画の中から飛び出してきたかのように生き生きした風貌と、どこかほの暗い冷たさを持つ彼女に好奇心を抑えられません。






















画像


ヒラノネムさんの「少女」
溌剌とした清純さと親近感のある可愛らしさに心癒されます。
優しいぬくもりを持つこの子は、不思議な生き物に囲まれて生きているけれど、どこか地に足がついた生命力を感じます。
























画像

サユリンゴさんの「うさぎ少女」
夢見るように潤んだ大きな瞳はここではないどこかに思いを馳せているよう。
可愛らしくもどこか寂しげで誰かを待っているような表情に庇護欲を掻き立たされ、どんどん離れられなくなりそうです。
























画像

キノコジュースさんの「ジル 白ニャンコ」
幼さの中のセクシーさが病みつきになる可愛らしさのジル。
ポップなパステルカラーが色白な肌と白猫の耳と尻尾によく似合っていて、ちょっといけない感じのジルの魅力ととっても合っています。
























画像

nogu.さんの「ハイドランジア」
ぷくっとした柔らかな頬が幼く、それでいてクールな瞳が大人っぽい。
草木染めの淡い色のドレスに身を包む少女は、不思議な可愛らしさと近づきがたい冷たさの両方のアンバランスさが魅力的です。























画像

田中雅子さんの「飛鼠」
コミカルな動きのこうもりたちはそれぞれ個性的でとってもキュート。
子供らしい小さな身体と不気味だけど可愛らしい着ぐるみを着て動き回るこの子の柔らかな表情と独特の可愛らしさが癖になります。
























画像

あすまさんの「雪山の獣人」
頭の後ろが狼の顔になっているもこもこの帽子を被るこの子は雪山の獣人。
繊細な可愛らしさ、野性味溢れる瞳と牙を持つ彼女は雪深い山の中で一人孤独に何か大切なものを守っているのかも知れません。
























画像

川上勉さんの「RIKO 1192 2813 2419」
漆の黒に可愛らしい少女はどこか妖しくも、その純粋さを際立たせています。
子供の柔らかさを持つ丸い頬にまだ未成熟な細い体躯は痛々しくも瑞々しく、少女特有の危なげな魅力を存分に発揮しています。
























画像

加園誠さんの「雅羅玖侘姫・赤」
繊細なパーツの組み合わせで成り立っている彼女は孤高の存在。
細長い身体に幾つもの漂流物や廃棄物を身に纏い、飾り立てる様には情念のようなものがはっきりと見えてきます。
























画像


佐々木士甫さんの「青い瞳の少女」
滑らかな白皙の肌は少女の清らかで瑞々しい雰囲気そのままを映しています。
しかしその眼差しはどこか人の心の奥底まで見透かされてしまいそうな強さがあり、うっかり近づいてはいけないような気配がします。






















画像

Enさんの「seth」
青年の削ぎ落としたような骨ばった身体つきに険しい表情が目を引きます。
過酷な環境は彼に生きることへの執着を生み、それは煌々と輝く瞳の強さに変えます。だからこそ彼の世界へ強く誘われます。






















画像

中山まゆみさんの「少女1」
たおやかなたたずまいの彼女はどこかのお嬢様のように優雅です。
どんな慌しさの中でも彼女の前では余裕を持ちたいと思えるような気品と穏やかさがあり、いつも寛容な微笑みを湛えているかのようです。
























画像

亜由美さんの「追想」
可愛らしさの中に瑞々しい力強さと迫力を持っている子。
女の子らしい見た目とは反対に、どこか人を引き寄せない孤高の雰囲気を漂わせ、それ故にこの子のことをもっと知りたくなってしまいます。























画像

COOL氏さんの「小雨の中を闊歩するキャサリン」
マニッシュなスタイルで闊歩するキャサリンの姿が格好いいです。
曲線のスタイリッシュで独特の世界がどこか懐かしくも斬新で、登場人物全員の物語を知りたくてどっぷり嵌ってしまいそうです。
























画像

戸松容子さんの「屋根裏の少年」
前髪ぱっつんの少年は子供らしからぬ白い肌と聡明な瞳の持ち主。
屋根裏で見つけたガラクタが少年の目には宝物に映り、いつしか屋根裏で過ごすようになった彼の物語が垣間見えてきます。






















画像

土方クロネさんの「Ciciluna」
羊毛フェルトの柔らかさと、フィギュアの硬質な美しさを合わせ持つ子。
孔雀のようにゴージャスで気品あるこの子はどこからも見てもスタイリッシュで流れるようなフォルムは心地よささえ感じます。
























画像

陽月さんの「fleurir〜フルリール」
滑らかで柔らかな肌質と、どこか冷たい感じの美しさは神々しささえあります。
クールでありながら慈愛を秘めた眼差しは、高貴さの中にも暖かい光をも内包し、私たちを惹き付けてやみません。




第12回「人・形」展は10月3日(火)の午後4時までの開催です。


可愛くて美しくて個性豊かで様々な物語を背負うヒトガタに是非会いにいらしてください。














月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第12回「人・形」展が始まりました その2 ドルバラノート/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる